名刺で第一印象の話を書きましたが、
ホームページでも企業のイメージを伝える上でもとても大切です。

使いやすさや誘導など、気づかないけれど
縁の下の力持ち的な役割を果たしています。

ホームページを立ち上げるのは、家で言うと、
柱を立て外観を仕上げをしたばかりの状態。

家具やその配置を決める、住めるように機能させるのは、
ホームページの中身を作りあげていくのはみなさん自身です。

ホームページを訪れるお客様にとって最も知りたい情報は、

悩みの解決策をもたらしてくれる内容です。

その分野における訪問者がどんな悩みを抱えているか
一番知っているのは、その分野における専門家であるみなさんですよね。

売上へ直結する、一番肝心な内容については、
自分のビジネスを通して得た実体験をもとに、
試行錯誤しなければならないわけです。

文章はきっと何度も頻繁な手直しが必要になります。
手直ししたくても、いちいち頼まなくてはすぐに出来ない、では
困りますよね。

私は、ホームページは常に自身で更新が出来るようになるよう、
サポートをすることを大切に考えています。